×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

cb400f マフラー改造について情報!

cb400f マフラー改造について

カテゴリー :cb400f マフラー

cb400fに乗っている人のなかでも、マフラーを改造している人、多いと思います。そもそもなぜマフラーを改造するのでしょうか。
マフラー改造は高確率で違法になるためにオススメできません。
騒音規制に違反するため、おまわりさんにつかまる可能性が高いです。
なぜ、改造するかというと、走行性能を上げたい・見栄えを良くしたい
・排気音を楽しみたいなど、自己満足的な理由がほとんどですよね。
通常、走りを楽しみたかったり、足代わりに乗る人にとってはほとんど必要の無いものだと思います。
夜中にマフラーの音をばりばり鳴らせて走るのも迷惑ですし、ただの自己満足ならそんなことはやめてメンテナンスや、外装にお金をかけたほうがいいと思いますね。cb400fは確か、「お前は風だ・・・」というキャッチコピーのもと、販売されましたが、暴走族を連想させる・・・という理由で確か後に変更されたような記憶があります。また、翌年には免許制度の改訂があり、エンジンの排気量400ccを超えるものは中型二輪免許で乗れなくなったために、急遽、398ccが生産されたんですよね。発売当初から色々話題性の多かったcb400fです。
マニアはのどから手が出るほど、ほしい一品でしょうね!

コラム > cb400f マフラー改造についてについて書かれています。

ホンダドリームスーパースポーツcb400f

カテゴリー :cb400f ホンダ

ホンダドリームスーパースポーツcb400f
カフェレーサータイプのドレスアップをメーカーが行い、
4in1の美しい集合マフラー、コンチハン、ロングタンク、バックステップと、マニアが手を入れるところがないぐらいにドレスアップされていましたね。今でもホンダ車にこのデザインは踏襲されていますよね!発売当時の価格は、32万7000円
良く売れていましたよね。すごい人気だったような気がします。
暴走族にも多かったような気がします。実はこのバイク中型二輪免許制度の変更時期(1975年)にできたことで、400Fは排気量が408ccという中途半端な数字になっていたんですよね。後に免許制度にあわせて398ccのF-1が発売され、そちらの方が一般的になっていったのでしたっけ。
滑らかに回るエンジンはさすがに優等生ホンダエンジンで、当時のごつごつ無骨に回るエンジンとは一線を画していましたよね。
しかし、元々高回転で馬力を稼ぐタイプのエンジンで、低速で街乗りするのには不適当だったように思います。

コラム > ホンダドリームスーパースポーツcb400fについて書かれています。

ホンダcb400f コストダウンのためのカラーって知ってた?

カテゴリー :cb400f ホンダ

それまでの不評だった CB350FOUR の後継機種として誕生したホンダドリーム cb400fは、人気を博したモデルといえるでしょう。
当時、このクラスの国産車唯一の直列4気筒モデルであったCB350FOURは、当時の4気筒CBシリーズの末弟であり、シリーズトップモデルであるホンダドリームCB750FOURに乗ることを「ヘルメットを2つ被ってもらわないと・・・」と周囲に止められた創業社長の本田宗一郎が「ならば、俺にも乗れるのを作れ」と言う一言で計画されたともいわれています。
cb400fは、当時流行し始めた集合マフラーと後退したステップを採用した軽快なカフェレーサースタイルを全体に取り入れ、一躍、人気モデルになりました。この際、CB350FOURの開発時に本田宗一郎から指摘されていた「エンジンの冷却フィンを増やすように」という指示を実現したといわれています。メタリック塗装に金属のエンブレムが一般的だった当時において、シンプルなソリッドカラーにステッカーのロゴは、非常に新鮮でしたが、同時にコレはコストダウンでもあったようです。集合マフラーも軽量化とコストダウンの為であったといわれいています。
発売後、「おぉ400。お前は風だ。」というカタログのキャッチコピーが暴走族による暴走行為を連想させるような文であると当時の警察から指摘され、後に「お前が好きだ。」というコピーに変更されたのは有名な話ですよね。

コラム > ホンダcb400f コストダウンのためのカラーって知ってた?について書かれています。